名古屋国際センター駅すぐ社会保険労務士・行政書士・医療労務コンサルタント‐リバシティーオフィス‐

対応事例

  • HOME »
  • 対応事例

飲食店の事例

何故飲食店に強いのか?

代表の市川の前職は自営業の飲食業でした。実際の飲食業の現場における労務管理の難しさを知っています。これらの経験から労基法を適法に遵守していくためのアドバイスをいたします。

具体的なサービス内容は?

就業規則の作成・届出、サブロク協定の締結と届出、深夜割増、残業代の支給、働き甲斐、やりがいのある賃金体系や制度の構築

参考費用は?

すべて月次顧問料に含みます。

結果、お客さんは何と評価してくれたのか?

会社全体で意識したことによりダラダラ残業やダラダラ休憩が減った。労基法を守ろうという会社の姿勢や行動に比例して従業員の定着率も向上した。クリーンなイメージから採用活動においても有利になった。

歯医者の事例

何故歯医者に強いのか?

弊事務所の顧問先の約半数以上が歯科医院であり東海エリアの多くの歯科の顧問先様(一般歯科・矯正歯科)から圧倒的なご支持を得ています。歯科医師国保のお手伝い、協会けんぽを適用除外させて歯科医師国保+厚生年金の加入のお手伝い、雇用保険、労災保険手続き、毎月の給与計算や賞与計算、有給管理から育休スタッフさんのための育児休業給付金の申請代行、厚生年金保険料の産前産後免除、育児休業免除申請などのお手伝いいたします。多くの実績と経験から蓄積されたDr DT DH DAの賃金相場の情報提供や賃金制度の構築、ハローワーク求人票や歯学部求人票の作成、使える助成金の提案と支給申請、高い受給率と実績があります。

参考費用は?

助成金の申請と歯学部求人票の作成を除き すべて月次顧問料に含みます。

所長よりアドバイス

開業時にどのように採用するか、給与はいくらくらいなのか、始業終業の時間や休日の設定などの不安を解消します。実際に面接にも立ち合います。最初から労基法を遵守した労務管理をすることで助成金の申請ができスムーズに受給できます。院長が自らハローワークに行き、歯科医師国保の手続きをする必要がなく、退職時に交付する離職票や源泉徴収票も速やかに発行します。本業にじっくり注力できます。

お気軽にお問い合わせください TEL 052-446-6061 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP